拝啓、うつ病さま。

うつ病。元教師。離婚。シングルマザー。転職。すべて実話。

やっちまった

吐いちゃったー.....


今日は吐かない、吐かなくても大丈夫って

思ってたのに...

体重測ったのがいけなかったなぁ

自分が想像してた体重より、ちょっとだけ増えてた

んです

そしたら不安になってしまって

ギリギリまで我慢したんですが...だめでした


本当うまくいかないものですね

なんて自分はだめなんだろうって思います

明日仕事行けなくなるくらい、へこんでます

...はぁー

こんなんで良くなるのかなぁ



私にとって体重計は凶器なんだってことが

よくわかりました

治すためには、体重計とさよならしなきゃ

だめってことですね

これはひとつ自分の経験として糧にしなければ。


ちょっと焦りすぎなのかなって気もするんです

4年も食べて吐いてきたんだから

たかだか1週間くらいで良くなるわけないのに


期待しちゃだめ。焦っちゃだめ。

へこんでもいいし、挫けてもいい。


でも、絶対あきらめない。


気になっても、できるだけ体重は測らない


よし、これでいこう。

チャレンジ中

YOUです。


毎日寒いですねー

今年は寒くなるのが早いなぁ

私、寒いの嫌いなんです。

というか、嫌いになりました。

痩せてから寒さが身に染みると言いますか...

身体に堪えますね。

手も乾燥がかなりひどいです。

どんなにクリームを塗りたくっても冬の間は

ずーーっとガッサガサです。

過食嘔吐するようになってから、さらにひどく

なりました。

まぁ全部吐いちゃって水分も栄養もちゃんと

摂ってない自分が悪いんですが。


でも、前回のブログにも書きましたが

なんとなく自分の中で納得できたというか、

ちょっとだけ自分自身を認めることができた

ような感覚があって、

そしたら今日は吐かなくてもいいんじゃない?

って思えるようになってきたんです。


そう思いながらもやっぱり吐いちゃったりして

へこんだりもしますが、

先週は、吐かなかった日が2日ありました。

しかも連続で。

2日連続で吐かないでいられるなんて

すごいじゃん‼ って自分で思いました。

今までも吐きすぎて体重が落ちすぎたりした時は

吐かなかったりした事もありましたが、

それもせいぜい1日だけでした。

だから、2日連続で吐かなかったのってたぶん

4年ぶりくらいかな?と思います。

自分の中では、ものすごい事です。


ただ、やっぱり太るのが怖いので

吐かない日のごはんは食べる量をかなりセーブ

してしまいます。

やっぱり、太るのが怖いという考え方は

なかなかなくなりません。

普通の量をちゃんと3食食べられるようになる

までには、まだまだ時間がかかりそうです。


それでも、気持ちは落ちてません。

あーまた吐いちゃったって思う事もありますが

今まで罪悪感を持ちながらも

食べたら吐いちゃえばいいやって

毎日吐きまくっていたのに比べたら

今日は吐かなくていいかもって思えるように

なったのは、自分の中で何かが変わり始めてる

って事なのかもしれないって。


とりあえず今の目標は、「 平日は吐かない 」

なのですが...

ちょっとこれはまだ無理な感じがするので、

1日おきくらいになればいいなぁと思っています。

あんまり自分に吐いたらだめ!ってプレッシャーを

かけすぎると、それがストレスになってしまうので

少しずつ、無理しない程度に。



できる、できないじゃないんです。

やるか、やらないかです。

自分を変えられるのは、自分だけです。

あきらめない限り、希望はありますから。

私が治したいって思い続けていれば、

いつか必ず治ると信じて。


新しい1週間のスタートです。

見つけた‼

12月、師走です。

今年ももうすぐ終わりです。早いなぁ...


このブログを始めて約8ヶ月が経ちました。

最初は毎日更新!が目標だったのに、

いつのまにか3日に1回になり、週2回になり、

今では週1回日曜の更新になってしまいました。

でもこの週1ペースはなんとか崩さずに行きたい

と思ってます。


前回は過食嘔吐というカミングアウトをして、

読んでいて嫌な気持ちになった方もいるかもしれ

ません。

だとしたら、ごめんなさい。

でも、これが私です。

過食嘔吐に逃げてるだけだ!って言う人も

いるかもしれません。

その通りです。

過食嘔吐することで、自分を守っているんだと

思います。



私は、生きるために過食嘔吐をしています。

お腹いっぱい食べたいけど、太りたくない。

太らないためには、吐くしかない。

バカみたいな考えですが、そうすることで私は

毎日なんとか生きてます。


少し前は、他人に太ってるって思われるのが

嫌で嫌でしょうがなかったんですが、

今は他人にどう思われるかよりも

太った自分を私自身が許せないんです。


病院の先生に言われて気付いたんですが、

私はいつの間にか頭の中で “ 体重=自己評価 ” に

なってしまっているそうです。

簡単に言うと、

体重が減る(痩せる) = 自分、すごい!

体重が増える(太る) =なんてダメ人間なんだろう...

って感じですね。

痩せている事でしか、自分を肯定できないんです。

仕事や育児をどれだけ頑張っても、

私自身が自分を認めてあげる事ができません。

先生に言われて、初めてその事に気付きました。


これは私にとって、すごく大きな事でした。

今までの人生すべてが、過食嘔吐に繋がっている

んだってわかったんです。

教師を辞めたから、離婚しちゃったから、

今どんなに仕事や育児や家事を頑張っても、

まだ足りない、もっと頑張らなくちゃって

自分を追い込んでいました。

自分を認めるどころか、正反対の事をしていた

んです。

私を苦しめていたのは、私自身だったんです。


今まで、太ったらだめだっていう食事の事ばかり

を気にして一番大事な問題に気付いていません

でした。

過食嘔吐していた原因は、私自身が自分の人生を

否定していたからです。


やっと、やっと長かったトンネルから抜け出せる

かもしれません。


人が生きていくのって本当に難しい。

人の真似をしても幸せにはなれないから。

だから、迷ったり、間違えたり、挫折したり、

逃げたりしながら自分の道を見つけていくしか

ないんですね。

私にとって、過食嘔吐は必要でした。

きっとこれから先の長い人生が輝くために

必要な試練だったんです。

まだまだ治療は続きますが、きっと治る。

そう信じて、頑張ります。

心の闇

前に、私が摂食障害だと書きました。

実は勇気が出なくて、まだ書いてない事が

あります。

私は摂食障害過食症という病気です。


摂食障害には、拒食症と過食症があります。

簡単に言うと、拒食症は食べられない病気。

過食症はありえない量の食べ物を食べてしまう

病気。

正反対のように思えますが、食事や自分の体型に

異常な執着があるという部分では同じです。

しかも過食症は、大量に食べるだけでありません。

食べたままだと太ってしまうので、太らないために

下剤を飲んだり、食べた物をそのまま吐いたり

します。

本当に、異常です。



私はほぼ毎日、過食嘔吐しています。

お腹がパンパンになるまで食べて飲んで、吐く。

もう4年です。



この病気は、単に食事の問題なのではなく、

心の問題が隠れているから厄介らしいのですが...

心の問題、まぁ簡単に言ったらストレスですね。

ストレスが引き金になって過食する→

太りたくないから吐く→吐く事がストレスになる

ずっとこの悪循環なんですね。

この地獄のようなループから抜け出せないんです。



前にも書きましたが、とにかく太る事が怖い。

どんなに疲れていても、体調が悪くても吐きます。

だめだってわかってるんですけどね

でも吐き始めた頃は、悪い事してるってあんまり

思ってませんでした。

お腹いっぱい食べられるし、太らないし。

ただ、吐くのはかなりつらいですけど。



毎日、命を削って吐いてる感じです。

時間もお金も健康も犠牲にして。

もう最近は、本当にこの生活に疲れてしまって

もういい加減抜け出したいって思います。



もう太ったっていいじゃん

今までよく頑張ったよ

もうそろそろ痩せてる自分を手放して、

楽になりなよ


頭の中で、ずっとこの言葉がぐるぐる回ってるん

です。



過食嘔吐によって手に入れた痩せた自分は、

本当の自分じゃない。

不自然な事をして出来た偽りの自分。嘘の自分。

こんな自分でいいわけない。

全然、幸せじゃないし。


当たり前ですが、過食嘔吐ってメリットより

デメリットの方がずっと多いです。

手はガサガサ。体力はなくなる。

風邪はひきやすくなる。低体温症でいつも寒い。

それから、後鼻漏になってしまいました。

これは鼻水が口に落ちてくる病気です。

これ本当に気持ち悪いんです...

まぁ全部自業自得なんですけどね...



普通の人から見たら、なんて最低な事をしてるんだ

って思われるでしょう。

過食嘔吐してるなんてブログに書いていいもの

なのか、読んで嫌な気持ちになる人もいるんじゃ

ないか、何よりも自分の恥を晒す事に抵抗があって

書けませんでした。



もうやめます。

過食しても、もう吐かない。

吐きたくない。あんな苦しい思いもうやだ。

今度こそ本気で治したい。

だから、ここで書こうって思いました。

うまくいくかどうかわからないけど、

とにかく一歩踏み出してみます。


人生の中で今日が一番新しいから

今日からスタートです

諦める、受け入れる

この前、一日仕事を休んだので

たいぶ復活してきました。

やっぱり休むって大切。

久しぶりに爆睡しました。

数ヵ月ぶり?もしかしたら1年以上かも?

いつも夜は子どもと寝るので

なんとなく、よく寝られてない感じなんです。

ぐっすり眠れるって、最高ですね。



病院にも行って来ました。

前回血液検査をしたので、その結果を聞いて

きました。

体が、脱水気味&飢餓状態&貧血らしいです....

深刻な状態ではないようですが。

なんとなく予想はしていたんですけど、

数字ではっきり出されるとビビりますね。


主治医の先生とも話しました。

やっぱり私の病気は、治るまでかなり時間がかかる

みたいです。

うーん、わかってはいたけど...へこむなぁ。

なんで私ばっかりこんな病気に...

でも、なっちゃったものはしょうがない。

嘆いてばかりじゃ何の解決にもなりませんし。

開き直ってます。完全に。

もうね、私の人生、こんなに悪い事ばっかり

起きてるんだから、

これからはいい事だらけに決まってる!

こんな病気さっさと治して、人生楽しまなきゃ!

人間、本気になればなんでも出来ます。


学生時代、先生からこんな事を聞きました。

Victory ( 勝利 ) の “ V ”は、1回下がってから

上がってる。

だから、今どん底の人は上がるだけだって。

なんかちょっと元気出ません?


でも、最近思うんです。

いくら病院に通っても病気は治らないんだって。

病院の先生が治してくれるわけじゃない。

ただ、少し手助けしてくれるだけ。

この病気を治せるのは、自分だけです。

自分が本気で治そうと思って努力しなきゃ

だめなんですよね。


痩せている事を諦める。太る事を受け入れる。

もういいじゃんってもう一人の自分が言ってる。

健康を害してまで痩せてる必要ってある?

そんなの、全っ然必要ない。

私は芸能人でもモデルでもないんだから。


体重や体型に縛られず、元気に自分らしく

生きている人って、なんか輝いてますよね。

私も、昔はそうだったのに。

今より体重は10㎏以上太ってました。

でも、今より生き生きしていたし、輝いてたし、

モテました。

そんなものなんですよね。


あの頃に戻りたい。

でもそれは絶対できないから、未来を変える

しかない。

それができるのは自分だけ。

頑張ろう。

もうここまで思ってるんだから、きっとできる。

太ったって、自分は自分なんだから。


ごはん食べてきまーす

お休みー

今日は仕事休んじゃいました。

気持ちが落ちてます。

病院行ってきます。


生きるのって、本当に大変

このブログでは、出来るだけ前向きに

プラスの言葉を書くようにしているんですが...

そう思えない時もある。

今がそうかも。

前向きに考えられない。

疲れたーもうやだーって感じです



こういう時、頑張っちゃだめなんですよね。

頑張るとその分あとで反動がくる。

今よりもっと落ちるってわかってるから。

うつで学んだ事です。


休むって本当に大事。

病気になってつくづく思います。

でも休む時間も余裕もなかなかないんですよね

なんでこんな生きづらい世の中になっちゃった

んでしょうか...

休むことが悪いみたいな風潮、ないですか?

休みがあるから仕事する気になるのに。


自分の体は自分で守るしかないです。

病気になったって「 大丈夫? 」とは言ってくれる

けど、誰も助けてはくれません。


自分の事、労ってますか?

自分の体や命は、自分だけのものじゃない。

だから、大事にしなくちゃいけない。

その「 しがらみ 」が面倒くさいと思うことも

あるけど。



とにかく今日は休みます。


明日は仕事行かなきゃなー

心のしこり

教師という仕事は、やっぱり素晴らしい職業だと

思います。

私自身も、高校の時の先生に出会っていなかったら

教師になろうなんて思っていなかったと思います。


勉強だけじゃなくて世の中の事、社会に出て

しっかり自分の人生を生きられるように

子ども達を導く....とまではいかなくても、

一緒に考えたり悩んだりしたい。

笑ったり泣いたりしたい。

そう思ってたんですけどね。


私は子ども達を受け止めてあげなきゃいけない

立場だったのに、結果的に見捨てるようなことを

してしまった


ずっと心のどこかにしこりというか、

やりきれない想いがずっとあります。

どうして私はだめだったんだろう。

同期はみんな続けてるのに。

すごく、悔しいです。

悔しいけど結果的に、私は教師になる器では

なかったということなんですね。


実は、本当にやりたかったらもう一度教師として

働くこともできるんです。

やる気さえあれば。

でも、自分にはもう無理です。

一度逃げてしまった人間は、教育者として

失格です。

戻る事は許されないと思います。


私はこの想いを抱えて、

これからも生きていかなきゃならない。

それが、見捨ててしまった子ども達への贖罪だと

思います。



もう何を言っても遅いけど

周りの目なんか気にしないで

自分が正しいと思ったことを

堂々とやればよかった

もっと本気でもっと全力で

子ども達にぶつかっていけばよかった

伝えたい事はたくさんあったはずなのに



残念ですが、

失ってしまった事にいくら想いを馳せても

もう二度と戻ることはありません。

後悔しないで生きられたら一番いいですが

長い人生、ああすればよかったと思う事ばかり

です。

後悔のない人生なんてありません。


私が言う事ではないかもしれませんが、

後悔はするのは悪い事じゃないと思うんです。

よく “ 後悔しないように ” って言う人がいますね。

でも、別にいいんじゃないでしょうか。

後悔したって。


あの時もっとこうしていればよかったって

思えたら、次は同じ事はしないはずですから。

その後悔は、未来につながるはずです。


とまぁ偉そうな事を書いてますが、

そう思ってないとやってらんないんですよね。


後悔してもしなくても

どっちにしても人は生きていかなくちゃならない。

だったら、気持ちだけでも前向きに考えた方がいい

と私は思います。