拝啓、うつ病さま。

うつ病。元教師。離婚。シングルマザー。転職。すべて実話。

仕事がつらい

タイトルの通りです。

仕事がつらいです。

本っ当につらいです。

モチベーションが上がりません。

先週の金曜日はとうとう休んでしまいました。

体も気持ちも、もう疲れちゃって。


今の職場は、仕事が多すぎる上に人も足りなくて

毎日大変です。

やってもやっても終わらない仕事。

私がやるべき仕事じゃないのに、

いつの間にかこっちの仕事にされてる。

それに対して感謝されるわけでもないし、

給料が上がることもない。

上司は、はっきり言って頼りない。

自分の仕事が大変ってことしか頭になくて、

周りがどれだけフォローしてるかわかってない。

毎日あーだこーだ文句を言いながら

ただひたすら目の前の仕事をこなす。


人を増やして欲しいと言っても、

全く取り合ってもらえない。

いつになったら楽になるんだろう

余裕を持って仕事ができるようになるんだろう

出口のないトンネルに入ってる感じ。

ただ光を求めて歩いてるみたいな。


愚痴ばっかりでごめんなさい

仕事をしてお給料をもらうって大変なこと

生きていくのって本当にしんどーーい



そう思ってた時、偶然というか何というか

ある本にいい言葉があって。

忙しくて全然読んでなくて、買ったことすら

忘れてたんですけどね。


周りに評価されたいとか、

認められるために仕事をするんじゃなくて

自分のために頑張ればいい



あーそっか。

確かにそうかもって納得できたんです。

私は心のどこかで認められたいって思ってた

のかもしれない。

こんなに毎日頑張ってるのに!っていう不満が

あったから。

周りの事はこの際気にしないで、

ただ自分の仕事に徹する。

他人は変えられないけど、自分の考えは変えられる

ってことですかね。

そう思ったら、ちょっとだけ気持ちが楽になった

かな。


明日からまた仕事。

憂鬱だけど明日は行かないとなー

まぁ、憂鬱じゃなければ仕事じゃないって言うし。

行ったら行ったで頑張っちゃうんですよね。

真面目だなぁー

父、母との関係

私はずっといい子ちゃんでした。

いつからかは自分でもはっきりわからないけど

たぶん子供の頃から。

いつも親の顔色を伺っていた気がします。

というか、今もです。

実の両親ですが、いつも気を遣ってます。

毎日疲れます。本当に。



最近、摂食障害についていろいろと調べるように

なりました。

その中で、気になる記事がありました。

摂食障害は、幼い頃の特に母親との関係が原因で

発症することがあるそうです。


いつの間にか親の機嫌を気にしている内に

私はいい子じゃなきゃだめなんだって考え方に

なってしまったのかもしれない。

親の言う通り、期待通りの娘じゃないと怒られる。

昔から怒られるのが本当に嫌でした。

怒る時は父も母も二人一緒になって怒るので

逃げ場がないんです。

しかも容赦なくボロクソに言われます。

私の人間性全否定です。

だから絶対怒られたくなかった。

だから親の機嫌が悪くならないようにしてました。



一度だけ過食嘔吐の事を母に話した事があります。

その時は心配してくれてたと思う。

少しでもいいいから食べられる物を食べなさいって

言ってくれたから。

受け入れてもらえたって思って、うれしかった。

その日は吐かないでいられたんです。

でも次の日の夜、嘔吐してたらキレられた。

あんたいい加減にしなさいよって。

それはもうものすごい目つきで、

汚いものを見るような目でした。

あれは一生忘れません。


次の日の朝、父がいない時に罵倒されて

殴られました。


お前はバカだ

人に散々迷惑掛けといて何やってんだ

お前には価値がない

子供がいるのにあんな事してるお前はバカ親だ



散々言われました

3年前の事ですが、はっきり覚えてます。


やっぱりだめだった。

受け入れてもらえたって1回思っちゃった分、

ショックでした。

でも、たぶん母にとってもショックだったんだと

思います。

抱えきれなかったんでしょうね。


それでもやっぱり母にだけはわかってほしかった。



今はもうわかってほしいなんて思わない。

ただ平和に毎日が過ぎていけばいい。


親との関係が過食嘔吐の原因だったとしても、

恨んだりはしてない。

私が仕事と子育ての両立ができてるのは

親がいるからだし。

好きなこともやらせてもらったし、感謝もしてる。

でも、毎日窮屈です。とても。

いい子の自分を常に作ってなきゃいけないから。

本当の自分って、どこにいるんだろう



幼少期に虐待にあっていた人がみんな摂食障害

なってるわけじゃありません。

なる人とならない人がいる。

だからやっぱり、私自身に原因があるんでしょう。

私の場合は、親だけじゃなくて離婚した元旦那との

関係もかなり原因になってると思いますが。


その話は、追々書こうと思います。

ついに来たか

私が幸せだなーって感じる瞬間

一日終わって子供と手を繋いで眠りにつく時


子供を寝かしつけるつもりが、いつも私の方が

先に寝てしまう

子供の手があったかくて、やわらかくて

最高に気持ちいい

この小さな手を守りたい

自分の命より大切な存在

この子を守れるのは私だけ だから頑張らなきゃ


その息子に言われてしまった

「 なんでママは朝ごはん食べないの? 」

あーついにこの日が来たか

うちの子も、もう5歳

いろんな事がわかってきたらしい

ごはん食べないと保育園行っても遊べないよ!

って私が言うからなぁ

自分には食べろって言うくせに

ママは食べてないじゃんって思ったんだろうな


その時はなんとか濁したけど、もう潮時だな

もうこの生活も限界って事なんだろうな



同じこと毎日思ってるのに全然前に進まない

もう絶対吐かないって決意しても

次の日になると心が揺れてしまう

仕事が終わって帰る時、当たり前のように

吐く事を考えてる

もう完全に癖になってるな

仕事のストレスを食べて吐く事で解消してる

気がする

正直、今日吐けるって思うとテンションが高くなる

食べたい物を食べたいだけ食べられるから

吐くのはつらいけど太らなくて済む

こんな事ばっか考えてて本当にアホだなって思う



今まで食べ吐きする事でなんとか自分を保ってきた

唯一の心の拠り所だったから

だからずっとやめられなかった

本音を言うと、やめたくなかった


でも最近、細いねって言われてもうれしくない

健康的じゃないねって言われてるみたいで

体重計にも前ほど乗らなくなった

1日1回、吐いた後に乗るだけ

何かが自分の中で少しずつ変わり始めてる



今日も吐きました

すごいつらかった

たぶん今までで一番苦しくて、吐けなかった

誰かにこんなに苦しいんだからもうやめろって

言われてる気がした

でもこれで終わりにする

今日で終わり

本当にこれが最後



吐かなくなる事がこわい

体重増えたらどうしよう

水分とって体が浮腫むのがいやだ

明日から何をどのくらい食べたらいいいんだろう

あーもうわかんない



でも それでも

手探りでもいいいから前に進む

どうしようもなく不安ですっごいこわいけど

自分で踏み出さなきゃ絶対未来は変えられない

吐く事をやめたら、違う未来があるんじゃないか

って思うから

新しい人生が始まる きっと



がんばれ 自分

バレちゃえば楽なのに

どんなに着飾っても、取り繕っても、

自分が自分であることに変わりはない。

だって中身は変わらないんだから。

バレるものはバレる。

だったら最初からありのままの自分をさらけ出し

た方がいい。

それでみんなが笑顔になってくれたら

こんなに幸せなことはない。




終わりにしよう こんな生活

嘘だらけの自分 大っ嫌いな自分

ありのままさらけ出すなら

自分のこと好きにならないと

人になんか見せられたもんじゃない


こんな風にいつまでもうじうじ考えるタイプじゃ

ないじゃん

食べるの大好きなんだから、好きなように食べれば

いいじゃん


もういい加減あきらめて、食って太りなよ。

その方が絶対しあわせ。

今までよくがんばった。


もう太ってもいいんだよ。

ゴールがあるから頑張れる

人は生まれてきたら必ず死ぬ

これだけはどんな人にも平等にやってくる

絶対に変えられない事実


でも 生きている間に何をするかは

自分で選ぶことができる


例え自分の選んだ道が間違っていたとしても

自分が信じた一本道をただひたすらに歩いていく

ダメ人間

自分はなんてだめな人間なんだろうってよく思う

私の人生、こんなはずじゃなかったって思う

毎日コンビニ行って食料買い込んで

子ども寝かしつけたら全部食べて吐く

どんなに疲れてても、体調悪くても吐く

今は吐くために食べてる気がする

いつも泣きながら吐いてる

何やってるんだろう

お金もごはんも なんてもったいない事してるん

だろう

最低だ

人間としても親としても失格だ

生きてる価値がない


頭ではわかってる

やめなきゃだめだ

でも吐かないではいられない

吐かないと不安でしょうがないから

自分を落ち着かせるため 自分の心を守るため

どんなに苦しくても 吐く


生きてくのってなんでこんなにつらいんだろう

逃げたい

私のこと知ってる人が誰もいない所に行きたい

でも本当はわかってる

逃げたって何も変わらないってこと


私が好きなアーティストの曲の歌詞で

こんなのがあった


どこか遠くへ逃げたら楽になるのかな
そんなわけないよね
どこにいたって私は私なんだから


その通りだなーって

自分が変わらなきゃどこに逃げたって

また同じ問題にぶつかる

結局 自分で乗り越えるしかない


他人がどうのこうのじゃないんだ

一生、自分自身との闘い

それが生きるってことなんだなぁ


今私が感じてる苦しみは、生きてる証。

死んじゃったら楽しみも苦しみもわからないから。


完璧じゃなくていいい

失敗して挫折して立ち上がれなくなっても

人はまた前を向ける


だから今はへこんでてもいいや

また頑張ろうって思えたら、またスタートしよう

2018年始まっちゃったなー

明けましておめでとうございます。

始まっちゃいましたねー1年。

今年もどうぞこのブログをよろしくお願いします。



いきなりですが、この年末年始、吐きまくって

います。

休みだとだめですねー

まぁ仕事でも休みでもあんまり関係ないんですが。

仕事の日は、ストレス解消で吐く。

休みの日は、休みだー!っていう開放感で吐く。

結局、吐いてるし....

進歩がないなぁ...



あ、今回書きたかったのはこの話じゃないんです。

今、私が好きな人の事を書きます。


その人は..... カマキリ先生です。

と言っても、ほとんどの方はわからないと思うの

で、簡単に説明を。

Eテレで不定期に放送される番組で、

香川照之の昆虫すごいぜ! 』の中で

俳優の香川照之さんがカマキリの格好をして

いろんな昆虫を自ら捕まえたり、

昆虫の素晴らしさをものすごい熱量で語るんです。


あの番組の香川さんは、すごいです!

見る機会があったら、絶対見た方がいいです。


あんなにすごい俳優さんが、カマキリの格好で

昆虫を捕まえようと全力で走る姿は必見です。

また香川さんが昆虫についての知識が豊富なので、

うちの息子は毎回テレビにかじりついて見てい

ます。


一番すごいのは、昆虫に対する愛ですね。

昆虫愛が止まりません。

ずーーーっとテンションMAX。

本当にすごいです。

捕まえたオニヤンマにキスしちゃいますから。

めちゃくちゃおもしろいです。


この番組の中で一貫してカマキリ先生が言って

いる事があります。

“ 人間は、昆虫から学ぶべき事がたくさんある ”

ということ。

昆虫たちは生きられる期間がとても短いそうです。

でも、その短い人生を精一杯生きている。

子孫を残すために、必死になって飛んでいる。

我々人間はどうか?

毎日何となく生きている人、たくさんいるんじゃ

ないですか?

一日一日を大切に生きてますか?

本当は羽ばたけるのに、自分にはできないって

決めつけて、サナギのままでくすぶっていませ

んか?


そんな事を、何度も言いますが、カマキリの姿で

大真面目に語ります。

完全に昆虫バカです。変態です。

でも、私はカマキリ先生が大好きです‼

いくつになっても自分の好きな事に熱くなれる人。

こういう大人って必要だと思います。

こういう人がいると、周りも自然と感化されて

いったりもします。

自分が夢中になれるものがあると、人生は豊かに

なりますよね。

それが仕事でも趣味でも、生きていく糧になる。

生きがいってやつです。


あなたには熱くなれるもの、ありますか?

私は、あります。

人生を掛けて熱くなれる、生きがいです。

子どもが小さいので最近は全然できないんです

けどねー....

でも、いつかまた絶対やりたい!と思ってます。

これを話し出すと長くなっちゃうので、

またの機会に。


カマキリ先生、気になる方は見てみてください!

見て損はないですよ~