拝啓、うつ病さま。

作ってません。すべて実話です。

金曜日の楽しみ

拝啓、うつ病さま。



YOUです。



金曜日です。


金曜日の夜、大好きです‼



なぜなら、私の至福の時間だからです。



1週間頑張って働いて、

子供も寝かせて、

『 今週も自分頑張ったなー 』って思いながら、

ゆっくり一人でごはんを食べる。



最高です。



この『 一人で 』ってところが大事なんです。


みんなで話しながら食べるごはんもいいですが

自分の好きなペースで、

好きなように食べるごはんがいいんです。



今は “ 一人カラオケ “ とか “ 一人焼肉 ” とかも

ありますし、

何より気楽ですからね。


わかるわかる!っていう方、いますか?





うつ病だった時は、一人が嫌でした。



一人でいると、物事を悪い方に考えてしまって

どんどん落ち込むんです。


病気だから仕方ないのに、

仕事してない自分 = ダメ人間

みたいに考えていました。



夜も一人でいる時は、

外が明るくなるまで眠ることができなくて

夜の間はずっと布団をかぶって

テレビの深夜番組を見ながら

朝になるのを待っていました。


どうしてもアパートにいたくない時は

深夜ドライブです。


自分が働いていた学校に行ったり。

もちろん中には入れませんけどね。


戻りたいのに戻れない。


たぶん、昼間は絶対に行けない場所だから

夜行ってたんだと思います。

気付いたらまた学校に着いてたって事が

何度もありましたから。



一人でいることが寂しくて仕方なかった時期です。


人混みの中にいても、

自分だけ一人ぼっちのような気がしていました。


自分は必要ない人間なんだなぁって思いながら

何時間も歩いていたこともあります。


今考えると、結構やばいですね。



当時は自分がおかしいって

なんとなくわかっていながら、

どうする事もできない状態でした。


だから余計に苦しかったんだと思います。



うつだった頃の異常な行動は

他にもいろいろありました。


それはまた次の機会に。



とにかく今夜は、

週に一度の楽しみを満喫します。



一人ごはん、いってきます‼