拝啓、うつ病さま。

作ってません。すべて実話です。

通院

拝啓、うつ病さま。




YOUです。



うつになって、

2週間に1度の通院が始まりました。


まだ新婚ホヤホヤ➰の時だったので

夫が一緒に来てくれることもありましたが、

基本的には一人で通っていました。



診察は、

『 ○○さん(本名)、どうですか? 』

から始まって、

薬は飲めているか、夜は眠れているか、

ごはんは食べられるか、朝は何時に起きるか、

毎日どんな事をしているか、

自分がやりたいことができるか(←これ結構大事ら

しいです)、

などを聞かれました。




診察は、いつも緊張しました。

ものすごく気を遣うので、

毎回本当に疲れました。




診察室に入る前に、

毎回必ず言いたい事を決めて行きます。


今日これだけは話そうと決めて

覚悟していたはずなのに、

いざ自分の番が来ると.... 頭真っ白。


その繰り返しでした。


また今日も言えなかったと

落ち込んでばかりでした。


前にも書きましたが、

自分の言いたい事を言葉にできないんです。

言葉にできないから、自分の思いは伝わりません。

それがどれ程悲しいか.....

自分がつらいことをわかってほしいのに。



もしかしたら私は、ずっとこのままかもしれない。

人と普通に、会話すらできない人間になっちゃった

のかもしれない。

そう思うと、

こわくてこわくて仕方ありませんでした。




私の主治医の先生は

そんな私の姿を見て、感じ取ってくれたんだと思い

ます。


『 頑張って話そうとしなくていいから。

単語でいいから。

病気のせいでうまくいかないだけだよ。 』

と言ってくれました。



私、何も話せないのにわかってくれたんだって

心が少し軽くなりました。



それからは

話せなくてもいいやって、

とりあえず先生のところに行ってみようって

少しだけ思えるようになりました。



『 私がだめになったわけじゃなくて、

うつ病のせいでだめなんだ 』

病気が治れば、前のような生活に戻れる。

これは当時の私にとって

大きな支えになりました。




言葉って、すごいですよね。

たった一言で人を勇気づけることができる。

反対に傷付けることもできます。


私がうつを克服できたのも、

信頼できる人の言葉の力が大きいです。



言葉の力は偉大です。


だからこそ、

使い方を気を付けなくちゃ!ですね。