拝啓、うつ病さま。

うつ病。元教師。離婚。シングルマザー。転職。すべて実話。

支えるということ

拝啓、うつ病さま。



YOUです。



まだ結婚していた頃のこと。

元夫と二人でアパートに住んでいた時、

うつ状態が一番ひどかったです。


毎日、泣いているか怒っているかの

どちらかでした。


相手の仕事場がアパートから車で

2時間位かかる所だったので、

朝早くて夜は遅い生活でした。

そのため、必然的にアパートに一人でいる

時間が長く、周りに友達もいなかったので

毎日本当に寂しかったです。

週末は仕事は休みですが、

自分の趣味を優先させる人だったので、

泊まりで出掛けたりしていて、

いないことが多かったです。



正直に言うと、もっと一緒にいてほしかった。

どうして一緒にいてくれないの?

何度も何度も言いました。

でも、どうしようもできないって言われました。


突き放されたような感じがして

どこにも行き場のない感情が押し寄せてきました。

悲しみと怒りと、もうぐちゃぐちゃでした。

泣いても、怒っても、何を言っても

この人はこっちを向いてくれない。


アパートにいたのは2年弱くらいでしたが、

その間にうつの状態がかなり悪化しました。

今考えると、当然ですね。


でも、当時はしょうがないって思ってました。


私の体調が悪くて家事が出来ない時は

やってもらってたし、

ごはん作れないこともしょっちゅうありました。

病院の付き添いにも来てもらったし、

学校の方との連絡も全部やってくれた。

自分が出来ないことを全部やってもらってるから

仕方ないんだって思っていたんです。


そばにいてほしいと思うのは、

私のわがままなんだと。

私が我慢すればいいんだって。


頭では我慢しなきゃって考えるのに

気持ちは一緒にいてほしいと思ってる。

この葛藤が、苦しくて苦しくて....


苦しくて、わかってほしくて、包丁を持って

バスルームに立てこもったこともありました💦


泊まりでいない時、

眠れないし、寂しくてどうしようもなくなって

一晩中包丁で床を刺していたこともあります。


言い合いになって、夜中の3時にアパートを

飛び出したこともありました。

追い掛けて来てくれませんでしたけど。


いくらうつ病でどうしようもなかったとはいえ、

改めて書いてみると結構すごいことしてますね💦


いろいろありましたが、

結局一番わかってほしい人には

理解してもらえませんでした。


アパートにいた時期は、本当にどん底でした。

いい思い出が一つもありません。

その後、どうしようもなくなって実家に帰ります。

それからは、少しずつですが病状も良い方へ

向かっていきました。



病気を抱えている人、つらい思いをした人など

そういう人達の家族や周りの人は

関わり方が難しいと感じるかもしれません。


相手に寄り添う、支えになるというのは

口で言うほど簡単なことではありませんから。


これは私の考えですが、

何も特別なことはしなくていいと思います。

ただ、一緒にいる。相手の話を聞く。

それだけでいいんじゃないかと思います。


私は、自分の話を聞いてくれて

そうだねって言ってもらえた時

すごく安心しました。

この人は私の事をわかってくれるって思えたから。

相手がつらい時に共感するってすごく大事です。

それだけで、支えになるはずです。


もし、周りにつらい思いを抱えた人がいたら

頑張れって励ますのではなく

話を聞いて、そうだねって頷いてあげてください。


焦らず、あきらめず、一歩ずつ。


そうすればきっと

時間はかかるかもしれませんが、

いつか必ず一緒に笑える日が来ます。