拝啓、うつ病さま。

うつ病。元教師。離婚。シングルマザー。転職。すべて実話。

後悔

拝啓、うつ病さま。



YOUです。


うつの話を書きます。


私がうつになった時、まだ教師だった時ですが

クラス担任と部活の顧問をしていました。


当然ですが、私は学校に行ける状態ではないので

担任も顧問も不在になってしまいました。


ある日突然、先生が来ない。


先生も、生徒達も大変だったと思います。

当時の私は、自分のことで精一杯で

学校がどれだけ大変かなんて

考えられませんでした。


でも今考えると

本当に、本当に申し訳ないことをしてしまった

と思います。

病気だったんだから仕方ないって

周りの人は言ってくれました。

でも、それで済むことではありません。


私が休んだのは、大きな行事の直前でした。

クラス単位での発表があったのですが、

そんな大事な時に担任がいない。


部活もほとんど指導することができなかったので、

県大会を掛けた大事な大会も一緒に出られず

負けてしまいました。



大会の直前、生徒達から手紙をもらいました。

その中で、

『 しょうがないってわかってるけど

やっぱり先生にいてほしかった 』

と書いてあった手紙があって....


申し訳なくて、涙が止まりませんでした


なんて事をしてしまったんだろう

私は取り返しのつかない事をしてしまった

と思いましたし、今でもそう思っています。



生徒達にとっては、一生に一度しかない

大事な行事であり、大会です。


私を必要としてくれていたのに、

そばにいて一緒に戦うことができなかった...


どんなに戻りたいと願っても、

もうあの時は戻ってきません



この事だけではありませんが、

私が教師を辞めた理由の一つです。



当時の生徒達は、もう成人の仲間入りをして

それぞれの道を歩き出しています。

私自身もなんとかうつ病を克服し、

元気になりました。


そして今、あの時の生徒達に手紙を書いています。


今更謝っても、何を言っても

もうどうにもならないのはわかっていますが...

それでもやっぱり、ちゃんと伝えなくちゃいけない

と思って。

いつまでも逃げていたら、

本当の意味でうつ病が治ったとは言えないから。



私はもう先生ではないけれど、

最後の授業のつもりです。