拝啓、うつ病さま。

うつ病。元教師。離婚。シングルマザー。転職。すべて実話。

心に残る言葉

拝啓、うつ病



YOUです。



うつ病のブログなのに、

最近うつの話を全然書いてないことに

気付きました💦



いま書きたいことが他にいろいろありすぎて、

今回もうつの時の話ではありません....



今回は、「 心に残る言葉 中学時代編 」です。

中学の時、先生に言われて

いまだに忘れられない言葉があります。




『 自分を偽っていませんか? 』


中学2,3年の時の担任の先生に言われた言葉

掃除の時間に呼び出されて、第一声がこれ

友達に無理に合わせてないか?と
自分を偽って、違う自分を演じてないか?
と言われて。

その時はなんとなく反発してそんなことないって
突っ張っちゃったんですけど、
冷静になって考えるとそういう部分もあったなぁ
って思いました

周りに合わせるのは大事だけど、
そのために自分を偽るのはだめなんですね
社会に出たらそういう場面って
たくさんありますけど...

たまに、ふとこの言葉を思い出して
自分で自分に問い掛けます

私らしく生きてるかなー?って





『 お前達があきらめない限り、奇跡は起こる 』


これは、部活の顧問の先生の言葉です

青春‼って感じですよね

誰がみても勝ち目はない試合で、
あきらめそうになった時に言ってくれた言葉です

結局、試合には負けちゃって、
奇跡は起きませんでしたけど(笑)

でも、すごい胸が熱くなった瞬間でした

負けちゃったけど、
この言葉のおかげで、最後まで頑張れたから

だから今でもいい思い出として
残ってるんだろうなぁ

すごく感謝してます





『 迷ったら、つらい方を選ぶ人間になれ 』


中学3年の受験シーズン真っ只中の学年集会の時

隣のクラスの担任で、生徒指導の先生の言葉です

どういう話の流れでこの言葉が出てきたのかは
全然覚えてないんですが....

この言葉だけ妙に残ってるんですよねー

誰だって楽して生きていきたいけど
世の中そんなに甘くないぞ、と

人が避けて通るようなつらい道を選ぶ人間が
成功するんだって

確かに、苦労したことって忘れませんよね
あの時は大変だったなーって絶対覚えてる
それがいつのまにか自分の財産になってたりします

だから、苦労することは無駄じゃない

その苦労が、いつか自分を輝かせてくれるはずです




振り返ってみると、いい先生達だったなぁと

思います。

当時はそんなこと思いもしませんでしたけど(笑)


出会いって大事ですね。