拝啓、うつ病さま。

うつ病。元教師。離婚。シングルマザー。転職。すべて実話。

つわりとの闘い③

拝啓、うつ病まさま。



YOUです。



つわりとの闘い、最終章です。



妊娠8カ月に入ったある日の夜、

気持ち悪くて吐いていたら、突然目の前が真っ白

になってしまいました。


フラフラになって動くことができず

トイレでへたり込んでしまい、

母が見つけてくれるまで

ほとんど記憶がありませんでした。


これはまずいという事で、すぐに救急病院へ。

幸い、お腹の赤ちゃんは元気でしたが、

そのまま入院することに。

入院してもごはんは食べられないし、

食べても吐いちゃうし、毎日点滴の日々でした。


結局入院したのは5日間だけで、

退院する時に体重を測ったら

2㎏増えていたのですが、

それも点滴の水分だけだったようで....

自宅に帰ったらすぐに戻ってしまいました。



妊娠後期に入っても、

相変わらず赤ちゃんは小さいままでしたが、

それでもちゃんと育ってくれていました。




出産予定日の2週間前、定期検診に行ったら

『 ○○さん、今日このまま入院することに

なってるみたいですけど 、聞いてますか?』

『 ....はい?! ....聞いてませんけど! 』


一旦自宅に帰って荷物を持って、その日から入院。



後になって知りましたが、

病院の先生達の中では

このままお腹の中にいても

赤ちゃんが大きくなることはないから

早めに出産した方がいいと決まっていたそうです。



診察の時にそんな話もあったような気もしましたが

早めに出産になるかもね~って程度でした。

決まってたんならちゃんと言ってよ!って

思いました💨


一応、大人なのであからさまに態度に出したりは

しませんでしたけど、

あり得ないでしょ💢って感じでした。



とにかく、その日から入院。

夜になってから主治医の先生が病室に来て

促進剤を入れて出産しましょうと言われました。


帝王切開だと母体に負担がかかるので

出来るだけ自然分娩の方がいいだろうと。


人工的に子宮口を開かせて、

自然に陣痛がくればそのまま出産。

陣痛がなければ促進剤を点滴で入れながらの出産。



旦那と一緒に説明を聞いて、同意書にサイン。

もう、なるようになれ〰‼って気持ちでした。



入院5日目の朝、ラミナリアという棒を子宮口に

入れて(しかも11本!)陣痛が来るのを待ちました。



2時間位すると、陣痛が。

でも、生まれる〰‼ という陣痛ではなかったので

ひたすら耐えるって感じでした。

耐えて耐えて、夜中もずっと痛みと格闘し続けて

一睡もできませんでした。


結局、次の日の朝から促進剤の点滴を入れて

分娩に入りました。


この促進剤がですね、

めっちゃくちゃ痛かったんです‼‼


ずーっと痛いわけじゃなくて、

すっごく痛かったり、そんなに痛くなかったり

波があるんですけど、

すっごい痛い時はもうやばかった。



陣痛の痛みを『鼻からスイカが出る』なんて

言いますが、そんなものじゃなかったです。


自分の体がちぎれて、

バラバラになるんじゃないかと思いました。


つわりのせいでガリガリで体力もないし

全然寝てないし、

助産師さんが『 朝ごはんちゃんと食べました? 』

って聞いてくるんですけど、

『食べたら吐いちゃうんだから

食べられるわけないでしょ!』って思いました。

痛くて喋れないんですけどね。




そして、事件が起きます。


分娩中、トイレに行ったんですが

トイレから出てきた瞬間、倒れてしまったんです。


すぐ分娩室に運ばれたんですが、

『 もう切ってください 』って私が言ったそうで。


切ってくださいっていうのは、

たぶん『 帝王切開で出して! 』ってことだと

思うんですけど、全くその時の記憶がないんです。


分娩室は大騒ぎだったそうです(笑)



その後すぐに破水して、

無事に子供は生まれました。


促進剤を入れてから生まれるまで7時間弱くらい

だったので、かなりスムーズな安産だったらしい

です。


まぁそこまでが壮絶でしたが💦


私にとっては陣痛の痛みより、つわりの方が

ずっとずっと苦しかったです。


でも、不思議なことに出産したら

全然気持ち悪くないんですよ!


あれは何だったの?って思うくらい

普通にごはん食べられました(笑)


でも、もう2度とゴメンです、つわりは......




一応、これでつわりとの闘い3部作は終わりです。


最後がだいぶ長くなってしまいましたが💦



次回は、元気になる言葉をまた書いてみようかな➰