拝啓、うつ病さま。

うつ病。元教師。離婚。シングルマザー。転職。すべて実話。

つわりとの闘い②

拝啓、うつ病さま。



YOUです。



前回の続きを書きます。



私が検診で通っていた病院には

つわりが重い人があまりいなかったようで、

こんなにつわりが長引くのが信じられなかった

みたいでした。


私がうつ病を患っていたこともあり、

摂食障害ではないかと思われていました。


一度、精神科の先生に相談してくるように言われて

受診したこともありました。


でも実際は、無理に吐いていたわけではないので

精神科の先生もどうすることもできず....

吐き気止めの薬と栄養剤をもらっただけでした。


摂食障害と疑われたこともショックでしたが、

妊娠中一番つらかったのは、

私が吐いてしまうせいで

お腹の中の赤ちゃんが育たなかったことです。


妊娠7ヶ月に入ったある日、

いつものように定期検診に行くと

『 赤ちゃんが育っていません 』

と言われてしまいました。


それまでもずっと、

『 ちょっと小さめだね 』

とは言われていましたが、

その時は前回の検診と比べても

大きさがほとんど変わっていませんでした。


私はもう呆然としてしまって...

今にも泣き出しそうでした。


診察室を出て、助産師さんから

食事のことで指導を受けたのですが

頭の中では、

『 このまま育たなかったらどうしよう 』

『 死んじゃったらどうしよう 』

悪い事ばっかり考えて、号泣してしまいました。


正直言って、

食べてくださいと言われても

食べても吐いちゃうんだからしょうがないでしょ!

って、ずっと思っていました。


医者ってわかってくれないんですよね。


その日帰ってから私はネットで

赤ちゃんが大きくなる方法を調べまくりました。


『 食べたら身体の左側を下にして寝る 』とか、

『 パイナップルを食べると大きくなる』など

本当か?!と思ってしまうような事も

とりあえずやってみました。


とにかく必死でした。


そのかいあってか、

次の検診では大きくなってくれていたんです。

ほっとしました、本当に。


妊娠の週数からみたら

まだまだ小さかったんですが、

とりあえずひと安心。



ですが、相変わらず食べたら吐いてしまうので

根本的な問題は何も解決されません。


当たり前ですが、毎日吐いているので体重は激減。

妊娠前から10㎏減りました。

普通はつわりで痩せても、

その後体重は増えるものですが

私の場合はどんどん減る一方でした。


病院ですれ違う人が振り向く程

ガリガリに痩せてしまいました。

まさに、骨と皮だけの鶏ガラ状態。


普通に生活するのが精一杯でした。


買い物も長時間は無理。

お風呂は息切れしながら入ってました。

とにかく体力がなくなってしまい、

これで本当に出産できるのかと不安でした。



うつ病もつらかったですが、

つわりも本当につらかったです.....



つわりで苦しむ中、唯一救いだったのは

家族が理解してくれたこと。


つわりで苦しむ人達の中には

家族に分かってもらえないことがつらい

という人が結構いるそうです。


そりゃそうですよね。

つわりがそんなにつらいはずないとか、

怠けてるだけだとか、

そんなこと家族から言われたら

ショックですよね。


私の場合は、

特に母がよく理解してくれて

話を聞いてくれたので助かりました。


もうやだー!!って何度も思いましたが、

何とか乗り越えられたのは

母がいてくれたからだと思います。



つわりとの闘いは、次回に続きます。

次回でラストかな?