拝啓、うつ病さま。

作ってません。すべて実話です。

救われました。

拝啓、うつ病さま。



YOUです。



前回の続きを書きます。



流産してから 、私は毎日泣いていました。

自分のせいでこうなってしまったんだと

責め続けました。


あの子は死んでしまったのに

どうして私は生きているんだろうって

思ってました。



元旦那も励ましてくれました。

お前のせいじゃない、

今は病気を治すことが一番だって。

あの時は、それしか言えなかったんだろうなって

思います。




ある時、以前利用していた

インターネットの悩み相談サイト?に

なんとなく書き込みをしたんです。

自分の気持ちをただそのまま書きました。



流産してつらい。

涙が止まらない。

死にたい。



こんな感じです。


どうせ誰も見ないだろうし、

返事なんか来るわけない

と全く期待していませんでした。



ところが、

私と同じように流産を経験した人達からの

返事がたくさん来たんです。



『 泣きたかったら泣いていいんだよ

時間が解決してくれるから 』


『 いつかきっと泣かないで

思い出せる日が来るから 』


『 きっとママが苦しんでるのがわかったから

お空に帰ったんだよ 優しい子だね 』


『 いつかごめんねじゃなくて、

ありがとうって言えるといいね 』


泣いてもいいんだって思ったら

少しだけ気持ちが楽になりました。


顔も名前も知らない人達が、

こんな最低な自分を励ましてくれてる。


どん底にいた私を救ってくれました。

本当に、本当に有り難かったです。




でも、この出来事をきっかけに

子供は諦めていました。


うつ病の状態は悪くなる一方だし、

たとえ良くなったとしても

うつが完全に治るわけじゃない。


そんな状態で子供は無理だろうなと思いました。



でも、流産から4年後、妊娠が発覚。

いろいろ試練はありましたが、無事に出産し、

なんとか今は母親やってます。



いやー本当に、人生どうなるかわかりません。


妊娠がわかってから出産するまでも

壮絶でした。


その話はまた、次回にでも。