拝啓、うつ病さま。

作ってません。すべて実話です。

ついに!

拝啓、うつ病さま。



YOUです。


今日は、精神科を受診した時のことを

書きたいと思います。



前回は内科に受診したところまで

書きましたが、

血液検査も全く異常がなく、

やっぱり精神的なものなんだ...

とかなり落ち込みつつ精神科の病院へ行きました。



そこで1番最初に診てくれた先生が

これからもずっと私の主治医になるのですが、

前回もちょっとだけ書いたように

この先生もとてもいい方でした。



教師という仕事のことをよくわかっていて、

精神疾患について、

薬について、

いろんなことをわかりやすく話してくれました。



それでも私は、

自分が精神的な病気で仕事に行けなくなったんじゃ

ないと思っていました。

本当は頭ではわかっていたけれど、

それを認めたくなかったんです。

うつ病って、心の弱い人がなる病気だと

思っていたから。




そういう私の気持ちも、

先生は見抜いていました。




いろいろ話している中で、


「 薬は道具だから 」


って言ったんです。



とにかく今はゆっくり休むこと。


そのためには、まず眠れるようにしましょう。


薬は、あなたがゆっくり眠るための


道具なんです。






当たり前のことを言ってるようにも聞こえますが、

当時の私にとっては、

支えになる言葉でした。




結局この日、わたしについた病名は

自律神経失調症 』 でした。


学校に診断書を提出しなければならなかったので

先生にお願いしたら、

この病名になりました。



どう考えてもうつ病です。

先生が私に配慮してくれたんだと思います。










うつ病さま。


あなたとの闘いが始まります。

やっとスタートラインですね。



ここから

またいろいろ、いろいろ、ありました...