拝啓、うつ病さま。

うつ病。元教師。離婚。シングルマザー。転職。すべて実話。

親友

拝啓、うつ病さま。



YOUです。


あなたと出会った時、

私は教師をしていました。


ある日突然、学校に行けなくなって

『 教師として、自分は終わった 』

と思いました。



病院へ行き、診断書をもらって

とりあえず1ヵ月休むことになりましたが

休んでいる間、

子ども達や先生方に申し訳ない気持ちでいっぱいで

毎日、自分を責めていました。



やっと夢だった教師になれたのに

両親もあんなに喜んでくれていたのに

どうして私はもっと頑張れなかったんだろう

そんなことばっかり考えて、

一人で落ち込んでいました





病院は2週間に1度、

30分くらいの診察でしたが、

毎回嫌でした。


『 どうですか? 』って

必ず聞かれるんですけど、

何て答えればいいのかわからず....

本当に困りました。



うつになって

人と会話をしたり、

自分の気持ちを相手に伝える

という普段は当たり前にしている事が

出来なくなってしまったんです。




友達から電話があっても出られないし、

メールも返信ができませんでした。


何を話したらいいのか本当にわからないんです。



自分ではどうしようもないのですが、

理解してくれる人ばかりではなく

離れていった友達もいました。


うつになって失ったものの1つです。



友達は減りましたが

今は私のことを本気で心配してくれる、

親友がいます。


たまにしか連絡も取り合ったりしないし、

滅多に会いません。

結婚して家庭がありますから。



それでも、不思議なことに

久しぶりに会っても

久しぶりって感じがしないんですよね。


しかも、私だけがそう感じるわけではなく

相手も同じように思うそうです。


離れて暮らしていても、

そばにいて支えてもらってる。

彼女達の存在がどれだけ有り難いか。



うつ病さま。


あなたに出会わなければ、

きっと一生気付かなかったと思います。



私の大事な親友達、ありがとう。

うつと闘うあなたへ

拝啓、うつ病さま。




YOUです。


ブログを始めて

うつとの出会いから、精神科を受診するまでを

書いてきました。



正直に言うと、

うつだった時のことを思い出しながら

書いていく作業はしんどいです。


本当は思い出したくありません。

自分の一番嫌な過去ですから。



それでもブログを始めた理由を

お話したいと思います。



一言でいえば、

うつで苦しんでいる人に読んでほしいから

です。


私もうつの時は、

携帯でうつ病の人が書いた記事を読んでいました。


読んでさらに落ち込むこともありましたけど。


仕事は行けないし、外にも出たくない。

人に会いたくない。

ましてや知り合いなんかにはもう絶対会いたくない

と思っていたので、

ひきこもり状態でした。



何もする気が起きないので、

寝ながら携帯をいじる.....ことくらいしか

できませんでした。

ちなみに、この時はアパートで一人暮らしをしてい

たので完全にひとりぼっちです。





うつ病で検索すれば、

いろんな人の記事がいくらでも出てきました。


何にもできないのは自分だけじゃないんだ

って思いたかったんです。



でも、読めば読むほど

自分はもうだめだな とか、

人生終わったな とか、

悪い方に考えてばかりいました。


ネガティブな記事が多かったからです。




私は、自分がうつを経験して

普通の生活を送れるようになった今、

同じように苦しんでいる人がいたら

ちょっとでも気持ちが楽になってほしい

と思ってこのブログを書き始めました。




今、つらくて、苦しくて

どうしようもないかもしれない。

死にたいって思ってる人もいるかもしれません。




でも、お願いです。

死なないでください。

あなたはひとりじゃありません。



いつの日か必ず

『 生きててよかった 』

と思える時がきます。




頑張らなくていいです。

できないことはやらなくていいです。

必ずまたできるようになります。

できるようになってから、頑張ればいいんです。



大丈夫。

いつか、心から笑える日が来ますからね。




うつ病で苦しんでいるあなたへ

YOUからのメッセージでした。







『 縁 』

拝啓、うつ病さま。



YOUです。



私は生涯、あなたとは縁がないと思っていました。


前にも書きましたが、

うつになる人 = 心が弱い人

と思っていたから。



自分が強い人間だとは思わなかったけど、

うつになんかなるわけないじゃん!

と思っていたんです。



うつに限らず他の病気でもそうですが、

『 自分だけは大丈夫 』

と思っている人、多いんじゃないでしょうか?



私もそうでした。


でも、見事にうつになりました。


最初は受け入れられなかったし、

死ぬことも考えました。




今は仕事をして、子育てをして、

毎日忙しく暮らしていますが

うつでどん底の頃から考えたら嘘みたいです。



自分でも、

よくここまで元気になったなー

と思います。





それでも、やっぱり時々

うつ病さまが目覚めそうな時があります。



私の場合は眠りが浅くなって、

身体は疲れ果てているのに

夜中に起きてしまったり。


以前書いた、うつ病の前兆?のような症状が

出始めます。


これが出てきたら、やばいです。


でも逆に言うと、

自分がこうなったらそろそろやばいぞ

というラインがわかっているので

ある程度コントロールできるようになりました。



うつ病さまと、上手く付き合えてるのかも?

と思います。



でも油断して完全に目覚めちゃったら

まずいので、

普段から気を付けてはいますけどね。





うつ病さま。


出会いは、『 縁 』です。

この縁で、

失ったものもたくさんあったけれど

得るものも大きかったです。




いい事も、悪い事も、

生きているからこそ感じられる。

生きるってすごい事ですね。


明日もまた、精一杯生きましょう




おやすみなさい

病院に行きました。

拝啓、うつ病さま。


YOUです。


あなたが私のところに来て、

仕事に行けなくなってしまったと

お話しましたね。


どうしようもなくて、病院に行きました。



どこか身体的に悪いところがあるかもしれないとい

うことで最初は総合病院の内科へ。

というのは言い訳で、精神科に行きたくなかったん

です。


はっきりうつ病だと言われたら立ち直れないかも....

と思っていたから。

私自身、うつ病に対して偏見があったのだと

思います。




とにかく内科に行って、

診察と血液検査を受けました。


その時に診察をしてくれた先生が

とても丁寧に私の話を聞いてくれて、

素晴らしい方でした。


30分以上かけていろんな質問を受けたのですが、

「眠れなくてつらかったね」

「仕事大変なんだね」

と声を掛けてくれました。


こんな先生、珍しいですよね?


医者って大体みんな上から目線で、

こっちの話は大して聞いてない人が多いと思ってい

たので。


その時に受けた質問で

印象に残っているものがあります。



「仮に今、普通に眠れる状態だったとします。

あなたが一番自分のしたい事をして、

楽しいと感じられると思いますか?」


...結構難しい質問ですよね?


正直、弱っている時に

こういう考えなきゃいけない質問は

しんどかったです。


結局私は、

「わかりません」

と答えるしかありませんでした。



この先生の診察を受けたのは

この1回だけだったのですが、

本当にいい方でした。



次回書く予定ですが、

この後行った精神科の先生も

とてもいい先生です。



うつ病さま、

あなたと出会って

苦しい事ばかりだったけど、

いい先生達に出会えたことは

私の財産です。




人との出会いで、

人生って変わりますからね。




ありがとう。感謝です。

普通...って?

拝啓、うつ病さま。




YOUです。


突然ですが、普通ってなんでしょう?


毎日の平凡な日常のことでしょうか?


そう考えると、

私はあなたと出会って

普通の生活ができなくなりました。




眠れないし、ごはん食べられないし、

仕事も行けない。

人に会いたくない。

電話に出られない。

メールの返信ができない。

なにをやっても楽しくない。


というか... 何もする気が起きない。



何かをしようとするエネルギーが

完全に切れた状態でした



今だから笑って話せますが、

当時の私は、

もう人生終わったな.....

って思ってました。



いわゆる世間一般の普通の人から見たら、

うつ病になった私は

「負け組」になるんでしょうね。





でもよく考えたら、

普通ってなんでしょう?



私は、自分がうつ病を経験して



そもそも普通なんて

人によってそれぞれ違うんじゃないか



と思うようになりました。



人の普通と、自分の普通はちがう。



だったら、別に人の考える普通に

無理に合わせる必要なんかない



もっと言うと、




人と同じことができないなら


人ができないことをすればいい





今はそう思います。


でも、こうやって割り切って考えられるまでには

だいぶ時間がかかりました。



うつ病さま。

あなたと出会って、

普通の大切さと、

私なりの普通の意味がわかりました。



ありがとう。



きっとあなたは

まだ私の中にいて、

今はただ眠っているだけなんでしょう。


お願いですから

そのまま静かに眠っていてください。



あなたが起きたら大変だから💦

あれが前兆?

拝啓、うつ病さま。


こんばんは。YOUです。



そういえば、あなたと出会う前兆?みたいなことが

ありました。


前にも言いましたが、

あなたと出会ったのは私が教師になって2年目。

毎日帰宅するのは、夜の8時か9時頃でした。

帰ったら、ごはん食べて寝る。


それだけ。

お風呂に入る気力も無く、

メイクも落とさずベットへGO‼

という毎日。


今では考えられませんが....



寝付きはよかったです。毎日。

でも、どんなに疲れていても

必ず夜中の3時に目が覚める。


トイレに行くわけでもないのに起きちゃって、

そこから朝まで眠れない。



これが半年、続きました。


まぁ、半年もほっとく私が悪いんですけどね💦


また今度書きますが、病院の先生にも

「なんでもっと早く来なかったの?!」

って何度も言われました。


しょうがないですよ

その時は、この状態がおかしいって気付いてないん

だから



3時に起きちゃって眠れなくても、

次の日は普通に仕事してたし。




今思えば、これが前兆でした。

この時に対処していれば、

あんなにひどくはならなかったのかも。

未来は違っていたのかもしれません。



でも、今更そんなこと言ってもねー


今だから言えること、ですね

人生いろいろ~

拝啓、うつ病さま。


そういえば、ご挨拶がまだでした。



私は、YOU(ユウ)です。

30代、独身。

ただし、子どもあり。シングルマザーです。




うつ、流産、離婚など

生きているといろんな事があります。



あの頃は生きてるのが本当につらかった。

なんで生きてるんだろうっていつも思ってた。


死んだら楽かなぁ?とか、

私が死んだら誰か泣いてくれるかなぁ?とか、

そんなこと考えてた。



でも、今は

生きててよかったって思う。



自分が思い描いてた人生じゃないけど、

こんな自分も悪くないじゃんって思う。


うつ病さまのおかげ?なのかも。